スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重樫克彦さん

12 08, 2015

「群像」1月号では八重樫克彦さんのお名前も発見。不思議なものです。

「最近の関心ごと・感心ごと」という記事で、八重樫さんの人柄が滲みでています。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日常

リコリス

10 25, 2015

 コーヒー一筋でしたが、お土産でリコリスティーをもらってはまっています。最初、砂糖を入れていないのに甘くってびっくりしましたが、自然な甘みで美味しいです。アトピーにもいいらしい。もらったのはフランスのスーパーCasinoのもの。残念ながら日本では見つからず。



0 CommentsPosted in 日常

念願

10 13, 2015

 前から行きたかった新大久保の韓国料理のお店に連れて行っていただいた。

 IMG_20151010_171643.jpg

 こんな豪勢なもの食べたことありません。前菜が次から次へと出てきたあとのこれです。
 量と質が必ずしも反比例するものではないことを学びました。


0 CommentsPosted in 日常

訳者買い『失われた天使』

09 17, 2015

 先日訳者買いした1冊。




 直接お会いしてからすっかり「ファン」になってしまった八重樫克彦さんと、八重樫由紀子さんによる最新の訳書です。著者は「スペインのダン・ブラウン」と称されているらしいですが、正直ダン・ブラウンの本は読んだことがないし、ミステリーにもあまり興味がないので、このおふたりが訳者でなければ買わなかったかもしれません。

 ここが訳者買いの面白いところで、「あの八重樫さんが出版社に売り込んで訳されたのだから、面白いに決まってる」という思いが働いて、今まで読んだことのないような本を読むきっかけになるわけです。バルガスリョサの場合もそうでした。

 仕事帰りにまず、一番近くてそれなりの規模があるブックファーストに寄り、世界文学のコーナーに直行するも、ない、、
 検索機で調べると、「精神世界」のコーナーにあるということで、「出版社がナチュラルスピリットというところだからか」と納得してそのコーナーに行くもどうもみつからない、、、

 店員さんに聞けばいいのですが、ほかにもみておきたい本があったのもあって丸善ジュンク堂へ。世界文学のコーナー、ミステリーのコーナーを除いてみるも、ない、、
 ここでも「精神世界」なのかと思ってそこへ行くと、、、ありました!

 本の売り上げは置き場によっても大きく変わることがあると思うので、これがいい方に出るのか悪い方の出るのか、ちょっと心配です。Amazonでは「スペイン・ポルトガル文学」、「スペイン文学」、 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」に分類されています。「スペインのダン・ブラウン」なんだから、やっぱりそっちだろーと思うんですが。

 今読みはじめたところですが、つかみは文句なしです。

0 CommentsPosted in 日常

J'ai tué ma mère

03 06, 2015


Hubert Minel, un garçon âgé de 17 ans, vit simplement dans une des plus ordinaires villes à Quebec au Canada. Récemment, il ne peut pas s'empêcher de trouver sa mère pesante. Toutes les choses qu'elle fait l'énerve: n'ayant aucune manière à table, mangant avec de la nourriture autour de la bouche, ne pouvant pas parler sans faire des remarques. Il lui est de plus en plus difficile de supporter sa mère tout en étant dégoûté par lui-même car il s'énerve frequemment sans raison. Il finit par comprendre qu'il est difficile pour elle d'exprimer de l'amour et qu'elle veut le contrôler, de ce fait elle resent un sentiment de culpabilité. La haine contre sa mère qu'il a aimé très fort autrefois se nourrit de jour en jour. Il la retrouve par hasard assise sur le talas en bordure de la rivière. Cette vision s'associe avec une scène de son enfance. Lorsqu'il était innocent, cela la sécurise. Pour apaiser cette nostalgie de son enfance, il décide d'agir.

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

0 CommentsPosted in 日常
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。