スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まな!さんに学ぶ「1日体験講座」

11 29, 2013
 『SOHO翻訳者の仕事部屋』の著者、『理学療法士のための臨床測定ガイド』、『Dr.アップルの早期発見の手引き診断事典 』の訳者のまな!さんがはじめて東京にやってきます。

 
SOHO翻訳者の仕事部屋SOHO翻訳者の仕事部屋
(2013/02)
まな!

商品詳細を見る


 
理学療法士のための臨床測定ガイド (GAIA BOOKS)理学療法士のための臨床測定ガイド (GAIA BOOKS)
(2011/03/25)
ジョン・フォックス、リチャード・デイ

商品詳細を見る


 
Dr.アップルの早期発見の手引き診断事典 (GAIA BOOKS)Dr.アップルの早期発見の手引き診断事典 (GAIA BOOKS)
(2013/03/27)
マイケル・アップル、ジェイソン・ペイン-ジェームズ 他

商品詳細を見る


 何のため?

 大阪で評判の授業を東京でも!ということで、12月6日(金)に1日体験講座を実施します。

 授業は和訳2コマ、英訳3コマを用意してあります(それぞれ内容は同じものです)。事前に課題をお送りしますし、「訳出のポイント」や「訳出のヒント」がついていますので、基礎の段階を終えた方はもちろん、医学翻訳がどんなものか体験してみたい方にもぴったりです。

 さらに授業では、プロの翻訳者がどのような視点、姿勢で翻訳という作業に取り組んでいるのか、その一端を感じとっていただけます。

 さらにさらに、今回は「相談会」というコマも用意してあります。『SOHO翻訳者の仕事部屋』をすでに読まれた方も、まだ読まれていない方も、勉強の仕方や仕事をする心構えなど、聞きたいことを聞けるめったにない機会です。

 勉強を始める段階や、始めて間もない段階では、「知識」や「情報」よりも「視点」、「姿勢」を学ぶことの方が何百倍、何千倍も大事だと思います。大げさに言っているわけではありません。それを文章から感じとることもできるにはできますが、やはり直接会って話を聞くのが一番です。

 
 東京にはとても来られないという方。将来的にスカイプを利用してこの講座を開催することも考えております(未定)。その際には、生徒の方と面識があるようにしておきたいとのことですので、ぜひこの機会にご参加いただければと思います。

 時間割、受講料などはこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

ランク制通学講座④

11 28, 2013
 そう。訳そうとすると意外に手こずります。

 専門的な医学論文だと、確かに内容は高度ですが、訳語の選択に悩まされることは案外少なく、文体の意識をもって練習するうちにそれなりの訳文が作れるようになってきます(ただこの「それなり」というのが実はやっかいで、性質の悪い問題なのですが)。

 これがある程度一般向けの内容になると、訳語の選択が難しくなってきます。この単語はこう訳せばよいというのがあまりできなくなります。

 ではどうやって訳語を決めるのか。

 まずはその単語を普段よりも深く捉えようとすること。たとえば「影響」と訳せることのある単語がいくつかありますね。influenceとかeffectとかimpactとか。あるいは「評価する」と訳せるものにevaluateとassessがあります。このように馴染みの深い単語でも、案外ぼんやりとしか捉えられていないものが結構あるものです。講座ではこういうものが出てくるたびに、ひとつずつつぶしていきます。

 次に大切なのが「観点」です。各単語がどのような観点から用いられているのかを考えます。情報量理論に馴染みのある方には「情報量」と言った方がいいでしょうか。たとえばlifeという単語。辞書を引くといろいろ訳語が載っています。「生命」、「生活」、「人生」、「生気」などなど。「生命」というのは生物学的観点から用いられているときの訳語になります。
 では、「生活」や「人生」はどんな観点から用いられているときの訳語でしょうか。また、哲学的観点からlifeという単語が用いられている場合には訳語はどうしたらいいでしょうか。

 すぐに答えが出てきますか。(つづく)

ランク制通学講座③

11 27, 2013
 今回は内容面についてです。

 この講座は基本的に月2回前後の頻度で進んでいきます。1回あたりのコマ数は金曜日から日曜日まで各2コマ、計6コマになります。

 この6コマのうち4~5コマがいわゆる「翻訳」の講座で、残りが「情報量理論」、「冠詞」、「日本語」、「文章」のどれかを扱う講座になります。
 「翻訳」以外の講座に関しては、毎回扱うテーマが変わりますし(今回は「日本語」、次回は「冠詞」など)、割り当てるコマも変えるようにします(今回は日曜日の2コマ目、次回は金曜日の1コマ目など)ので、特定の時間帯の講座しか取れない方でも、たとえば「冠詞」の講座にいつまでも出席できないということはなくなります。

 ここで、おそらくほとんどの方が一番気になるであろう「翻訳」の講座について、どういうことをやるのかを説明します。

 扱う書籍は当面次の2冊です。

Power, Sex, Suicide: Mitochondria and the Meaning of LifePower, Sex, Suicide: Mitochondria and the Meaning of Life
(2006/12/11)
Nick Lane

商品詳細を見る


Cut Down to Size: Achieving success with weight loss surgeryCut Down to Size: Achieving success with weight loss surgery
(2013/01/07)
Jenny Radcliffe

商品詳細を見る
 

 基本的に各自購入していただきますが、頼んだけれどもまだ届かないとか、ためしに1回出席してみたいとかいう場合は講座申込時にご相談ください。

 さて、トライアリストでは主に専門的な医学論文が課題になっていますが、この講座の課題は一般向けの書籍です。「なーんだ、簡単そうじゃないか」と思ったら大間違い。単語は知ってるのが多い。内容もだいたいわかる。でも訳そうとすると…。(つづく)

ランク制通学講座②

11 21, 2013
 受講料に関するご質問があったのでお答えします。

 トライアリストのホームページに記載されている受講料は1コマ当りのものです。

 どなたも各講座(翻訳、情報量理論、冠詞、日本語、文章)10級から開始していただきますので、1回目の受講料は1コマ当り5,000円(+消費税)ということになります。

 ランクが1級上がるごとに300円ずつ安くなっていきますので、

9級 4700円
8級 4400円
7級 4100円
6級 3800円
5級 3500円
4級 3200円
3級 2900円
2級 2600円
1級 2300円
 (いずれも1コマ当り、税別)

となります。

 翻訳、情報量理論、冠詞、日本語、文章の各分野ごとにランクを認定しますので、受講する講座の分野によってその時点のランクが異なれば、受講料も変ってきます。

ランク制通学講座①

11 19, 2013
 トライアリストではいよいよランク制通学講座が始まりました。

 この講座の特徴はいくつかありますが、まずはランク制についてご説明します。

 トライアリストでは発足当時から現在に至るまでランク制を導入しています。ランク制のしくみを簡単に説明すると、まず受講生の方にはそのレベルに関係なく同じ課題に取り組んでいただきます。その訳文の出来をみて(基準があります)ランク(○○級)を認定し、ランクが高くなるほど受講料が安くなるというものです。

 初めて勉強する方からすると、すでに何ヵ月、何年と勉強を続けている受講生と同じ課題をやるなんて無謀な、、、と思われるかもしれません。確かに無謀かもしれません。ただ、学校の勉強なら入門、初級、中級、上級と順を追ってやるのもいいですが、生活のかかった勉強にそんな暢気なことは言ってられません。実際の仕事では、易しい案件から徐々に難しい案件に、という都合のいい話はないのですから。

 大事なのは、「絶対に落としてはいけない」ところからひとつひとつつぶしていくことです。最初はボロボロでいいのです。解釈が間違っていても問題ありません(もちろんできるに越したことはありません)。その「絶対に落としてはいけない」ところをどの程度押さえられているかに応じてランクが上がっていき、添削の内容も変っていきます。

 このランク制の発想を通学講座に導入したのが今回の講座です。

 通信講座のランクとは無関係に、一律に10級から始めていただきますが、通信講座でランクの高い方や、それに準ずる力を持った方であれば、当然昇級が速くなりますし、毎回の授業毎にランクを見直します(下がることはありません)ので、勉強して力をつけさえすればいくらでも昇級のチャンスはあるということになります。

 すでに第1回の授業で昇級された方もいらっしゃいます。

 もちろんランクというものは勉強の動機付けという面もあるのですが、ここでのランクと仕事獲得の機会が連動しているというのがトライアリストの強みでもあります。

 次回は内容面に踏み込みたいと思います。

 質問等ございましたら、お気軽にコメント欄にお書きください。
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。