スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユマニチュード市民公開講座

02 24, 2014
 22日に行われたユマニチュードの市民公開講座。

 ジネスト先生、本田先生をはじめユマニチュードの普及に尽力している方々の熱意と、現場で働く方や家族の介護をしている方の切実な思い、ユマニチュードに対する期待の大きさというものを改めて実感しました。

 ジネスト先生の基調講演で繰り返し強調されていたこと。前回の記事(「ユマニチュード」の「流通」)と見事に呼応していて安心したのですが、「ユマニチュードは奇跡ではない。哲学と技術である」、「技術だけ学んでも意味がない。その背後にある哲学を理解しなければ」ということを仰っていました。

 その哲学の部分をまとめたものが、弊社より翻訳出版される本になります。ジネスト先生は,この本を読んだうえで、ユマニチュードの研修会(情報はIGM日本支部のホームページで)に参加してもらえればとも仰っていました。

 前回の記事のコメントで科学的根拠のお話がありましたが、来年以降臨床試験を実施していく予定だそうです。ユマニチュードはフランス以外にもいろいろな国で取り入れられていますが、定期的に研修会を開催できるまでに2〜3年、インストラクターが育ってユマニチュードの文化が定着するまでに10年かかるとのこと。

 時間はかかりますが、それだけの価値があると信じています。
スポンサーサイト

「精神看護」2014年4月号でユマニチュード特集

02 24, 2014
 「精神看護」2014年4月号(医学書院)でユマニチュード特集があるようです。

 こちらの下の方に載っています。

 「看護管理」2013年10月号を買い損ねてしまった人は発売になったらお早めにどうぞ。

「ユマニチュード」の「流通」

02 08, 2014
 「ユマニチュード」ということばがどんどん「流通」しています。

 ユマニチュードを表すのに「魔法のような認知症ケア」というものがありますが、個人的にはどうかなと思っています。こういう口当たりのいいことばを使うと、どうしても表面的なものしか伝わらなくなりますし、一過性の流行で終わる原因になるのではとも危惧しています。

 ユマニチュードは「魔法」でもなんでもありません。考案者のジネストさんとマレスコッティさんが何十年もかけて築き上げてきた哲学と技術の体系です。

 このようなことばを使うと、本来は同じ考えを持ち、協力を得られるはずの人たちに反感を抱かせることにもなるのではと思います。実際にネット上ではちらほら反感、批判の意を表す方も出てきています。そのような方々の言い分は、「プロだったらそんなことはとっくにやっている。それを今さら何が魔法だ、フランス流だ」というようなものです。

 これは当然の反応でしょう。

 ただ、テレビや新聞等のメディアにはどうしても量的な制約があります。一番「受けがよく、わかりやすい」面を扱わざるを得ないのです。


 ユマニチュードの4つの柱、「見る」、「触れる」、「話す」、「立つ」というものがあります。もちろんこれはユマニチュードの根幹をなす要素ではあります。
 とはいえ、この背後にある人類学的、哲学的、歴史的な背景まで理解しないことには、その意義が薄れてしまうのではないかと思います。

 ユマニチュードが話題になる以前からこれと同じような介護を実践していたという方も、その背後にある考え方まで含めて把握していただければ、何か新たなヒントが得られるかもしれません。

 現時点では日本語でこのような内容を読める書籍はありませんので、あと数ヵ月お待ちください。「Humanitude」の翻訳書が出版されてから、それを基にいろいろな議論が巻き起こり、本田美和子先生を中心に現状を変えていく運動が今以上に盛んになるのを願っています。



 そうなれば日本も、老いを肯定的に捉えられる国、安心して老いることのできる国、人生の最期の瞬間まで自らの生をかみしめることのできる国、ユマニチュードの絆に支えられながら死んでいくことのできる国になります。
 

Humanitude(ユマニチュード)に関するリンク集

02 05, 2014
 ユマニチュードに関して参考になるサイトをまとめました。
 随時更新する予定です。

ジネストさんとマレスコッティさんのサイト(フランス語)
 

Humanitudeの原書(Amazon.fr)
 

ジネスト・マレスコッティ研究所に関する情報等(フランス語、一部英語)
 

ユマニチュードの哲学(フランス語)
 

ジネストさんのYouTubeページ
 

フランスの介護施設が発行する雑誌のユマニチュード特集(フランス語)
 

The Japan Timesの記事(英語)
 



 以下、日本語のサイトです。

ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部


ジネストさんのインタビュー動画集(「ユマニチュード」で検索してください。日本語通訳あり)
 

NHKくらし☆解説「フランス発“魔法”のような認知症ケア」
 

NHKクローズアップ現代「見つめて 触れて 語りかけて ~認知症ケア“ユマニチュード”~」
 

【ゆうゆうLife】フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」
 

週刊医学界新聞 座談会:優しさを,伝える技術。 高齢者ケアメソッド「ユマニチュード」
 

『看護管理2013年10月号』特集 チームで取り組む認知症ケアメソッド「ユマニチュード」−その理念とケアの実際(出版元でも品切れのようです)
 


看護管理 2013年10月号 特集 チームで取り組む新しい認知症ケアメソッド「ユマニチュード」 ― その理念とケアの実際看護管理 2013年10月号 特集 チームで取り組む新しい認知症ケアメソッド「ユマニチュード」 ― その理念とケアの実際
(2013/09/27)
不明

商品詳細を見る


・『提言―日本のコモンディジーズ(家庭医・病院総合医教育コンソーシアム vol. 3) 』


 
提言―日本のコモンディジーズ (家庭医・病院総合医教育コンソーシアム vol. 3)提言―日本のコモンディジーズ (家庭医・病院総合医教育コンソーシアム vol. 3)
(2013/05/02)
横林賢一

商品詳細を見る

 
・『JIM』23巻10号


JIM (ジム) 2013年10月号 特集 高齢者「主治医」事典JIM (ジム) 2013年10月号 特集 高齢者「主治医」事典
(2013/09/27)
不明

商品詳細を見る


・『質が問われる時代の看護サービスマネジメント』


 
質が問われる時代の看護サービスマネジメント質が問われる時代の看護サービスマネジメント
(2011/05)
江藤 かをる

商品詳細を見る


「ヒューマニチュード(Humanitude)がケアする人の文化・意識革命を起こす」
 

上野秀樹医師のブログ
 

「NHKクローズアップ現代」でユマニチュード特集

02 04, 2014
 コメント欄から、
 明日2月5日19時より、NHKのクローズアップ現代でユマニチュード特集があるという情報をいただきました。
 ありがとうございます。

 詳細はこちらに。

 Humanitudeの著者ジネストさんと、本田美和子先生が出演なさるそうですのでお見逃しなく!



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。