スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のテレビ番組

06 19, 2014
 
 フランス語の先生に世界中のテレビ番組(生放送)が観れるサイトを教えてもらいました。

 その名も「WEBTV LIVE」。

 画質は微妙ですが、番組数がすごいです。

 フランス(TF1など)も、ルーマニアも、ブラジルも、コートジボワール(フランス語圏です!)も、ギリシャもコロンビアも観れます

 せっかくのワールドカップですから、各国の「ことば」にも注目してみては!ちなみに今回のワールドカップ出場国では、スペイン語を公用語とする国が最も多く、それに続いてフランス語、英語ですね。



 クリックしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 言語

翻訳者の安全基準

06 07, 2014
 作業がいよいよ大詰めの段階に入っている「ユマニチュード」にこんなことが書かれています。


 あらゆる電気技師が遵守すべき安全規範が一部の者によってしか遵守されておらず、電気技師が仕事をしたあと、少なからず感電死の危険があることがわかったら、それをどう考えるだろうか。(中略)ある職業に属する者が一人残らずその規範を知り適用することは、その職業の人を頼る人たちが危険な目に遭わないための最低限の保障である。(原書p.200)

 われわれのひとりが電気技師を呼び、洗面台の上に電気のコンセントをつけてほしいと頼んだとしよう。その人はそれが危険なことで、技術規範に反し、それでは責任が持てないという理由で、依頼を断るであろう。(原書p.203)



 翻訳の世界ではもちろん、一律の基準を作ることは難しいかもしれません。ただ、ひとりひとりの翻訳者が自分なりの基準を作って、それを示すことならそんなに難しいことではないと思います。もしそれができていれば、日本語をむしばむ「ウイルス」がこんなに蔓延するような事態にはならなかったでしょう(念のため、日本人の知らない日本語とかそのような類の話とは別物です)。

 でも別宮さんがあれだけやってもこんな状態ということは、、、

トライアリストが考える安全基準
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

日本人に日本語を〈第1部〉翻訳者に日本語を日本人に日本語を〈第1部〉翻訳者に日本語を
(2011/04)
辻谷 真一郎

商品詳細を見る


クリックしていただけるとありがたいです
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村
 
0 CommentsPosted in 翻訳
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。