スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹『スプートニクの恋人』仏訳

10 23, 2014

 何年かぶりに村上春樹の小説を読みました。

 
スプートニクの恋人 (講談社文庫)スプートニクの恋人 (講談社文庫)
(2001/04/13)
村上 春樹

商品詳細を見る



Les Amants Du SpoutnikLes Amants Du Spoutnik
(2004/10/07)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


 村上春樹の熱心な読者ではまったくなく、記憶では初期の『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』しか読んだことがなく、同じ村上では圧倒的に「龍」の方が好きです。

 さて、この『スプートニクの恋人』は次の記述で始まります。

 [スプートニク]
 1957年10月4日、ソヴィエト連邦はカザフ共和国にあるバイコヌール宇宙基地から世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた。直径58センチ、重さ83,6kg、地球を96分12秒で一周した。
 翌月3日にはライカ犬を乗せたスプートニク2号の打ち上げにも成功。宇宙空間に出た最初の動物となるが、衛星は回収されず、宇宙における生物研究の犠牲となった。


 仏訳ではこう。

 SPOUTNIK : Le 4 octobre 1957, l'Union sovietique lancait depuis le centre spatial de Baikonour, dans la republique du Kazakhstan, le premier satellite artificiel au monde, Spoutnik 1. Mesurant 58 centimetres de diametre et pesant 83,6 kilos, Spoutnik fit le tour de la Terre en orbite en quatre-vingt-seize minutes et douze secondes.
 Le 3 novembre de l'annee suivante, Spoutnik 2 fut envoye a son tour avec succes. La chienne Laika, premiere creature vivante a quitter la stratosphere, etait a son bord. Le satellite n'ayant pu etre recupere, Laika fut sacrifiee sur l'atuel de la recherche biologique dans l'espace.


 翻訳にこの種の間違いはつきものとは思いますが、初っ端からこれだとちょっと…。

 また、2段落目は文章の構成自体にかなり手を入れています。情報量理論の考えでいけば、文学作品の場合には、文章のかたち(形式)そのものが情報となるので、医学論文の場合以上にそれを尊重することが重要になります(『abさんご』なんかがわかりやすい例です)。原文のかたちを尊重するとどうしてもフランス語にならなのであれば、変えざるをえませんが、僕にはちょっと判断できません…。
スポンサーサイト

重版決定

10 10, 2014

『Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」』の重版が決まりました!


Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」
(2014/09)
イヴ ジネスト、ロゼット マレスコッティ 他

商品詳細を見る


 ご購入いただいた皆様、ありがとうございます!まだ手にできていない方、楽しみにお待ちください。
「ユマニチュード」の理念が現実のものとなった社会が1日も早く実現しますように…。

Amazonの在庫

10 10, 2014
ようやくAmazonの在庫が復活しました。この機会にぜひ!


Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」
(2014/09)
イヴ ジネスト、ロゼット マレスコッティ 他

商品詳細を見る

注意事項の覚え方

10 07, 2014

 トライアリストの講座には、「〜は使わないでください」などという注意事項がたくさんあります。添削で何度も同じ注意をされている方も多いのではないでしょうか。

 通学講座でも、「注意事項が多くて覚えられず、ついうっかり…」なんていう声をよく耳にします。

 注意事項を覚える秘訣はずばり、覚えるべき対象として捉えないことです。そもそも「すべて」を使わないとか、「より〜」を使わないとか、日本語を母語とする人、ましてや翻訳者を目指す人が覚えようとするようなものでしょうか。

 本当にことばに興味があり、ことばを扱うプロになろうとするのであれば、こういう注意、指示を聞いたときに何かしら感じるものがあるはずです。

 「今まで考えたことがなかった」というような内容であれば、その驚きによって脳に刻まれ、「この注意にはどんな意図があるのだろうか」という疑問が生じれば、それもまた脳に刻まれることになるでしょう。「へぇ〜」ですませるのはもうやめにしませんか。

 感情と記憶の関係については、『Humanitude』も参考に。


Humanitude―老いと介護の画期的な書Humanitude―老いと介護の画期的な書
(2014/09)
イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ 他

商品詳細を見る
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。