スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重樫氏 訳書紹介 『悪い娘の悪戯』

06 28, 2015
悪い娘の遊戯

Amazonのページはこちら
読書メーターのレビューはこちら

八重樫克彦氏と八重樫由貴子さんの共訳です。

この本は本当に読んでいて楽しかったです。432ページと結構な長さの小説ですが、ページをめくる手が止まらず、夜が更けるまで読み続けてしまいました。原作に力があって、なおかつ訳者にめぐまれてはじめてこういう作品が誕生するのだと思います。青春の甘い感じから、壮年の少しくたびれた感じまで、微妙な差ではありますが、かなり慎重に文体を選んで訳し分けられたのではないでしょうか。

いわゆるファムファタールと、それに生涯恋い焦がれ続ける男の物語ですが、そんな要約を許さないほど豊かな細部に溢れています。

主人公の男は通訳者であり文芸作品の翻訳もやっていて、通訳、翻訳に対する男の考えを披瀝する場面もいくつかあり、それが男の人生観とも通底しているなど、翻訳に携わる者としては反応せずにはいられないところがありました。もちろん作中の人物ですので、バルガス=リョサ自身の考え方が反映されているのかはわかりませんが、それが影を落としていることは確かだと思います。バルガス=リョサは通訳や翻訳をやった経験があるのでしょうか。このような場面を訳す際に八重樫氏がどう反応したか、講演会でぜひ聞いてみたいところです。

講演会の情報はこちらです。
スポンサーサイト

ノーベル賞作家、マリオ・バルガス=リョサの翻訳家を招いて

06 04, 2015
待ちに待っていた企画が実現です。

八重樫克彦氏 講演会 「ノーベル賞作家、マリオ・バルガス=リョサの翻訳家を招いて」
7月12日(日)東京で開催



文学作品、それもノーベル賞作家の作品となれば、大学教授が訳していることがほとんどです。
それは出版社にとって「○○大学教授」という肩書きが魅力だからでしょうか。何をもって翻訳を評価するかという基準が固まっていない以上、それが一番無難ということでしょうか。

今回の講演者、八重樫克彦氏は「○○大学教授」ではありません、大学も出ていないそうです。そんな氏がいかにしてバルガス=リョサの翻訳家になったのか。その道のりを想像するだけでワクワクしてきませんか。

「バルガス=リョサの翻訳家」と紹介していますが、氏にとってはそんな「肩書き」はどうでもいいのかもしれません。ただただ文学が好きで、ぜひ日本の読者に紹介したいという強い気持ちがあっただけだとおっしゃるのではないかと思います。

Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。