スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門書をもっと読もう!③

05 20, 2013
 さて、今回は③お金がない、あるいは④買いに行く時間がない場合にどうすればいいのかというお話です。

 これは実は簡単に解決できる問題で、お金がない場合には時間をかけ、時間がない場合にはお金をかければいいだけの話です。

 私が医薬翻訳の勉強を始めたのは学生のときで、映画も見たいしビールも飲みたい、、、といういろんな誘惑に打ち勝てなかったため、専門書にかけるお金は今よりもずっと少なかったと思います。
 そのかわり、学生で時間がたんまりあるという特権を生かして、医学部の図書館に足繁く通っていました。
 お金がないから時間をかけたわけです。
 もちろん、医学書を扱っている本屋に行って、力の限り立ち読みするのもありです。

 逆に、時間がなくて本屋に専門書を買いに行けないのであれば、前回ご紹介した方法で当たりをつけて、思い切ってAmazonなどのネット書店で買ってしまいましょう。
 手元に届いたものがあまり課題を訳すのに役立たなかったとしても落胆しないことです。そのときは役に立たなくても、いつか仕事をしていくうえで必要になることがあるはずです。持っている専門書も実力のうちです。
 それに、普段の勉強の一環として読んでみれば、間違いなく得られるものがあります。


 ちなみに、医学部の図書館って入ったことありますか。医薬翻訳の勉強をしている方だったら間違いなくテンションが上がると思います
 私が利用したところは、地下1階から地上4階までぜ~~んぶ医学書で埋めつくされてました
 
 大学生や、卒業生、医療関係者でなくても利用できる図書館があるようですので、調べてみてはどうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。