スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門書をもっと読もう!④

05 20, 2013
 今回で専門書のお話はひとまず終わりになります。

 前回、お金がなければ時間をかけ、時間がなければお金をかければいいという話をしました。でも、専門書にかけられるお金も時間もない場合にはいったいどうしたらいいでしょうか。
 今まで3回にわたっていろいろ書いてきましたが、実はこれが最も切実な問題で、何とか解決策を見いだせないかと考えていた問題です。

 トライアリストはお子さんのいる主婦の味方です。トライアリストには実際、子育て中の主婦の方が多数在籍しています。
 毎日の子育てや家事の合間をぬって毎週の課題に取り組んでいらっしゃいます。本当に頭が下がる思いです。私にはとてもまねできません。自分ひとりで精一杯です。
 自分のために使える時間が1日のなかでほとんどないということがいかに大変か、ちょっと想像もつきません。

 子育てにはお金も時間もかかります。医学の専門書のなかには1万円を超えるものもめずらしくないので、とてもじゃないけどポイポイ買えるものではないですよね。小さいお子さんがいれば、自分の勉強のためとはいえ、医学書を買いに行く時間を作るのも難しいですよね。
 
 本屋や図書館に行く時間がとれないし、かといってインターネットで中身も見ずに思い切って買うこともできない、、、その結果、専門書を読まずに課題に取り組むことになってしまう、、、

 この状況を打開するにはどうすればいいでしょうか。

 まずひとつ考えられる方法は、専門書ではなく専門雑誌を狙うというものです。専門雑誌というのは、毎月または毎週定期的に発行されているもの。
 専門書とは違って網羅的ではないので、その分薄く、値段も安いです。「医学のあゆみ」なら基本的に1000円で手に入ります。そのほかの雑誌も2500円前後で買うことができます(この差は「医学のあゆみ」が週刊で、ほとんどの医学雑誌が月刊であることによります)。
 それに、分野がかなり絞られていて詳しく取り上げられるため、うまく見つければ専門書よりも役に立ちます。

 ただ、専門雑誌となると当然、最新のもののなかに課題の内容に沿ったものが見つかるとはかぎりません。でもそれほど古いものでなければ、この間紹介したメテオメディカルブックセンターや、全国の医学書販売店のホームページ(別の記事で紹介します)でバックナンバーを探して取り寄せることが可能です。出版社のホームページからも購入できるようです(たとえば、「医学のあゆみ」はこちら)。

 バックナンバーを探す時間を作るのも難しいという方は、課題の内容に沿ったものでなくてもいいです。月に1冊でもいいですから、少しでも興味のもてる雑誌を探して読んでみてください。遺伝子が絡んでくると、何やら記号めいたものばかり出てきて読むのが嫌になってしまうので、気をつけてください、、、

 1日にひとつ(10ページくらいです)でも論文を読む習慣ができれば、どんどん医学の文体が身についてきて、課題にもその成果が表れてきますよ
 意味なんて最初はどうでもいいんです。何の話をしているのか全然わからなくても問題ありません。ただ「ことば」を追えばいいんです。普段使わないような医学独特の「ことば」や「言い回し」がたくさんでてきます。
 そういうものにチェックをつけていきながら読んでみましょう。
 

 もうひとつの方法。
 本講座の課題が変わるごとに、このブログで参考になる専門書や専門雑誌を紹介することも考えています
 その折には買って使ってくださいね


 いったんこの記事を書いたあとに、間違って全部消してしまいました…ショック
 こういうこともあるんですね、、、
 勝手に保存しといてくれないんでしょうか、、、
関連記事
スポンサーサイト
-1 Comments
By 田舎もん06 01, 2013 - URL [ edit ]

>本講座の課題が変わるごとに、このブログで参考になる専門書や専門雑誌を紹介することも考えています
 その折には買って使ってくださいね

期待してまーす!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。