スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語の参考書⑦『中級フランス語 つたえる文法』

06 25, 2013
中級フランス語 つたえる文法中級フランス語 つたえる文法
(2011/05/20)
曽我 祐典

商品詳細を見る


 目次

 1章 フランス社会でことばを使う
 2章 タイムマシーン「直説法」を使いこなす
 3章 聞き手に配慮しながら伝える
 4章 事態にともなう状況を表す
 5章 人の思いと自分の思いを伝える
 6章 聞き手にうまくはたらきかける


 以前紹介した『あらわす文法』、『よみとく文法』と同じシリーズの本です。

 この本では、「聞き手に自分が伝えたいことを的確に表現するにはどうしたらいいのか」、「いかに聞き手に配慮して話をすればいいのか」という観点から、フランス語のことばづかいの問題が取り上げられています。

 日本語を話すときにも、ただ情報が伝わればいいというものではありません。「どのように」伝えるのかということも大切です。フランス語でも同じです。

 『あらわす文法』が言語学的な視点からフランス語を勉強したい方、『よみとく文法』がフランス語の小説を読みたい方におすすめできるとすれば、この本はフランス語で会話をしたい方におすすめできます。難易度の点でも、前の2冊より易しいと思います(というより、この2冊がかなり難しいのですが)。

 第2章では、現在形、複合過去、未来形、前未来、半過去、大過去、条件法現在、条件法過去の使い分けが、「現在スペース」と「過去スペース」という概念でもって説明されています。
 ここを読めば、会話をするうえで時制に悩むということはなくなると思いますよ。

 コラムの一節を引用しておきます。

 
 中級の人にもときどき沈黙が見られます。それは、多くの場合、複雑な内容を一つの文で言い表そうとして行き詰ったための沈黙です。長くて複雑な文につき合うのは、聞く方も大変です。むしろ、自分が使いこなせる語彙・文法の範囲で無理をしないという方針でいく方が賢明です。(p.157)

 
 ダニエラ先生とまったく同じことをおっしゃっています。やはり授業以外の時間に使いこなせる表現を増やし、授業のときにそれを掘り起こして使うという単純なことが、会話上達の鉄則のようです。
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。