スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語をもっと盛り上げよう!

05 02, 2013
 街中どこに行っても英会話教室の広告が目につく今日この頃。就職活動をするにもTOEICの点数が高いと有利なようです。
 現時点で英語が世界的に一番力のある言語であることを考えれば当然の状況でしょう。

 ただ、とにもかくにも英語、英語と叫ばれる現状は好ましくありません。何事も、あるひとつのもの(この場合は英語)に力が集まり、それが強くなりすぎるということは危険なことでもあるからです。

 そこでトライアリストではフランス語を重要視しています。歴史的にみても、これからアフリカ(フランス語圏が多い)が担っていく役割を考えてみても、英語に対抗できる言語はフランス語しかないと考えているからです。
 ちなみに、この前の記事で紹介した『ユマニチュード』も原書はフランス語で書かれています。この本の翻訳出版を皮切りに、医療や看護などの分野を中心にフランス語で書かれた質の高い本を出版していきます。

 そのためにはフランス語のできる翻訳者が必要です。トライアリストでは東京事務所でも大阪事務所でも毎週フランス語の授業をやっています。今は会話を中心に勉強していますが、受講生の力が上がれば翻訳講座も設ける予定です。授業の様子は後々ご紹介しますね。われこそはと思う方はぜひ参加してください。

 また、このブログでは現在日本で出版されているフランス語の参考書をたくさん紹介していきます。インターネットにはそのような情報があるにはあるのですが、数が少なすぎたり、説明が少なすぎたりして中途半端になってしまっていることがほとんどです。ですので、その総体を把握できれば、フランス語の勉強を進めるうえでかなり有意義なものになると思います。

 
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。