スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高齢化社会」部門1位

11 13, 2014

 『Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」』が現時点で、Amazonの「高齢化」部門のベストセラーランキング1位になっています。

 この本がどういう経緯で「高齢化」部門に登録されたのかはわからないのですが、どなたかがこの本の内容をしっかり読んでくださったうえでのことなら納得です。

 「ユマニチュード=介護技術」のような図式が広まりつつありますが、それはただの一面です。この本ではいわゆる「高齢化社会」をどのように捉え、どのように考えていけばいいのかという点もしっかり書かれています。「高齢化社会=定年を迎えた老人がたくさん=医療、介護が必要な人がたくさん=お金がかかる=さあたいへんだ」というかなり悪意のある見方はとうぜん否定されています。たくさんの人が長生きできる社会がどうして「問題のある」社会なのでしょうか。

 本書を購入してくださったみなさまのおかげで、現在在庫がほとんどありません。第2版の製作を進めているところです。


Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」
(2014/09)
イヴ ジネスト、ロゼット マレスコッティ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。