スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岡洋一『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』

12 19, 2014

英単語のあぶない常識 ――翻訳名人は訳語をこう決める (ちくま新書)英単語のあぶない常識 ――翻訳名人は訳語をこう決める (ちくま新書)
(2014/09/26)
山岡洋一

商品詳細を見る


 翻訳者のバイブル『翻訳とは何か―職業としての翻訳』の山岡洋一さんが書いたもうひとつの本です。最近kindle化されていましたので紹介します。

 □原文にdefineがあれば何も考えずに「定義する」と訳す。
 □原文にexpectがあれば何も考えずに「期待する」と訳す。
 □原文にincludeがあれば何も考えずに「含む」と訳す。
 □原文にin factがあれば何も考えずに「実際」と訳す。
 □原文にtraditionalがあれば何も考えずに「伝統的」と訳す。

 ひとつでも当てはまったら要注意です。

 この本の核心は「情報量」。情報量理論では「情報量が大きい」とか「情報量が小さい」という言い方をします。ある単語なり語句なりについて、それが示す対象に不確かさやあいまいなところがなく、対象が絞り込まれている場合を「情報量が大きい」と言い、それとは逆にそれが指す対象が不確か、あいまいで対象を絞り込むことができていない場合を「情報量が小さい」と言います。

 たとえばosteoporosisという単語は情報量が大きい。osteoporosisが指す対象はひとつに絞り込まれていて、日本語で言えば「骨粗鬆症」です。それ以上でもそれ以下でもありません。

 それに比べてcomponentという単語は情報量が小さい。辞書を引くと、「構成要素」や「部分」などの訳語が載っていますが、よくわかりません。これだけでは何のことを言っているのかわからず、周りにある単語をみてはじめて、componentがその文章で何を指しているのかがわかってきます。

 山岡さんは「情報量」ということばこそ使っていませんが、この本にみられる思考法は「情報量」の考え方そのものです。「はじめに」にはこうあります。
 

引用
この本では、expectのように、だれでも知っている英語の単語や成句をとりあげて、常識になっている訳語との間にどのような意味のずれや違いがあるかを、用例によって考えていく。
訳語を知っていても、英語の語句の「意味」はわからない。意味を理解するには、用例をいくつもみていくのが、遠回りのようで、じつは近道である。そして、外国語を理解するときは母語で考えるものだし、これがだれにとってももっとも効率的なのだから、英語の語句の「意味」をつかむには、常識になっている訳語との間に、どのような類似と違いがあるかを考えていくのが最善の方法である。


 この「英語の語句」と「常識になっている訳語」との「類似や違い」をひとことで言うと「情報量の差」になります。

 defineと「定義する」、expectと「期待する」、includeと「含む」、in factと「実際」、traditionalと「伝統的」はいずれも情報量に差があります。さらに言えばどの場合も訳語の方が情報量が大きくなっています。

 たとえば、defineは「定義する」よりも情報量が小さく、「定義する」よりも広い範囲の対象に使うことができます。同じdefineを使ってA good dictionary defines words concisely. 、Please define your position. と言うことはできても、「定義する」の場合は「単語を簡潔に定義する」とは言えても、「立場を定義してください」とは言えないわけです。

 このように「情報量」を考えて訳語を決める作業というのは確かに難しいです。トライアリストでもランクが上になるほど、医薬の文体も身について、情報子の理解にも問題がないのに、この思考法がまだまだ徹底できていなくて壁を越えられない人が多いという印象を受けます。そのような方にぜひ読んでいただきたい一冊です。


翻訳とは何か―職業としての翻訳翻訳とは何か―職業としての翻訳
(2001/08)
山岡 洋一

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 翻訳
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。