FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエラ先生がかかわった記事3編

01 19, 2015

 東京で開講しているフランス語会話教室のダニエラ先生は、フランスで長年にわたり、フランス語とルーマニア語の通訳者、翻訳者として働いていました。その実力を買われてパリ警視庁でもバリバリと働いていたそうです。

 翻訳の仕事でかかわった記事があるというので教えてもらいました。Le Parisienの記事で、オンラインで読むことができます。

 « Il me payait 700 F pour une demi-heure »
 L'improbable retour au pays des enfants roumains
 Le calvaire des jeunes roumaines prostituées

 フランスのテレビに出演したことがあったり、本を出版していたりと聞けば聞くほどいろいろと出てくる先生です。授業は毎週金曜日。お試し受講も受け付けていますのでぜひ。
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。