スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハとガの謎をとく―助詞「は」と「が」の原理』

02 26, 2015

ハとガの謎をとく―助詞「は」と「が」の原理ハとガの謎をとく―助詞「は」と「が」の原理
(2014/02/22)
坂野 信彦

商品詳細を見る


第1章 つかい分けの諸説(新情報と旧情報、現象文と判断文、文と節、対比と排他、措定と指定)
第2章 ハの原理
第3章 ガの原理
第4章 つかい分けの諸説(再検討)
第5章 ハの文とガの文



 ハとガの問題に関する決定的な一冊ではないでしょうか。

 冠詞と同じように、いざその使い分けを説明しようとすると、文法学者はいくつもいくつもルールを作ろうとする傾向があるようです。ハとガについても、20以上ものルールを設けてその違いを明らかにしようとする学者もいたくらいです。当然これでは、いろいろな現象は説明できても、その原理は説明できていません。

 著者は文法学者ではなく国文学者のようです。

 翻訳という観点からは、『日本人に日本語を』にあるように、既知と未知、「が」は進めで「は」止まれということだけ把握していれば十分で、それ以上突っ込んでもしょうがないところがあるのですが、あえて何か本をよむのであれば、この『ハとガの謎をとく』がおすすめです。

 先行研究がまとめてありますし、著者は「前提事項」と「適合事項」、「当該事物」と「当該事項」という概念だけで、ハとガの原理を解き明かしていきます。

 これを読めば、情報量理論でなぜ「名子の強さ比べ」という話が出てくるのかも、おわかりいただけるのではないかと思います。


にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 言語
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。