スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「より~」の衝撃

05 25, 2015
 ある日小学5年生の男の子と話をしていると、ごく自然に「より~」という言い方をしていて衝撃を受けたことがあります。

 小学校、中学校、高校、大学を通じて、少なくとも私の周りには話し言葉で「より~」を使う友達はひとりもいませんでした。英語の試験の時に、便宜的に使うだけのものでした。

 今の仕事場では、隣で会議や打ち合わせなんかをやっていて、よくこの「より~」ということばが聞こえてきます。大人ならまだ理解できます。英語の影響でしょう。

 小学校の英語教育で何を教えているのか知りませんが、小学5年生で比較級を習うとは考えにくい。ということは、テレビやなんかを通じて、日本語としてこの「より~」を取り込んだことになります。事態はもう、相当なところまで来ているようです。

関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 言語
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。