スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計の本

08 07, 2015
 

 この『たったこれだけ!医療統計学』けっこうおすすめです。帯には「1時間で医学論文を読むために必要な統計学が頭に入る」とあります。  

 翻訳をするにあたっては各種統計の手法を使って数値を計算するわけではないので、たとえば「95%信頼区間」というのがどういうものなのかを理解したり、よく出てくる統計手法がどんなものかを把握しておくことがまず必要です。

 この本は翻訳者に向けて書かれたものではありませんが、とにかく「医学論文を読む」ことだけに特化して書かれています。その目的から外れる要素は徹底して省かれていて、「ここは理解する必要はない」とか「これさえわかればいい」と言ってくれるので、翻訳者にとってかなりありがたい本だと思います。120ページと薄いので、1時間で読めるかはわかりませんが、1日で読めてしまうのもいいところです。

 ただ、皮肉なことに翻訳書ということもあり、「ひと続きの100人の患者」とか出てきますので、適宜原文を想像して読まないといけませんが、、、


関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」発売中!
詳細はこちら、お申込みは こちらをご覧ください。
検索フォーム
プロフィール

クルック

Author:クルック
翻訳の森に迷い込んでもう3年。トライアリスト東京。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。